読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンダおばさんとピーターパンの共通点……‥…43日目

タイトル見てわかった人、

それだけで仲良くなれるかも♪

共通点……‥…答えは、チーズケーキです。



今夜、嬉しい情報を知ったもんでついついこの話題。





ピーターパンといえば、前にも1度話したことあります子供の頃のエピソード。

ローカルな話になりますが、沖縄県那覇市は古波蔵の中道沿いにある津田塾の1階にあったあの名店。

ケーキとパンのお店。ピーターパン

クリームパンやキャラクターパン、チョココロネなんかがボリューム満点で美味しかったのですが、なんてったってピーターパンと言えば、チーズケーキ。


表面に甘さ控え目の蜜でコーティングされたフワフワしっとりスフレチーズケーキ


甘いものが苦手な母親は生クリームやチョコもダメで、ケーキはほとんど食べないのですが……‥…ピーターパンのそのチーズケーキだけはナゼか美味しい美味しいと言って食べてたのです。


なので、子供の頃に母親の誕生日にサプライズプレゼントにしたくてお小遣いを貯め、小銭握りしめて兄妹でピーターパンの美味しいチーズケーキを買いに行ったことがありました。


『おかあさんのたんじょうび用にまーるいチーズケーキひとつください』


子供だけでお買い物。 ホールなんてお洒落な言葉知らなかった当時。誕生日ケーキ=丸い多きなケーキ。  幼い子供二人にとっての全財産。ありったけの小銭を渡しました。 するといくらか覚えてませんが、、、代金がいくらか足りず……‥…店員さん一瞬困り顔。 何が起こったかわからないも……‥…お姉さんの困った顔を見て、子供の私たちも不安に……‥



本当ならお店としたら、予算内で買えるように案内するところ…


『おかあさん、甘いのたべないけどここの、ピーターパンのチーズケーキだけは食べるから、それいがいは… どれ食べるかわからん。 どうしよー……‥…』


と、今この時を振り返ると…純粋な子供たちのセリフで店員のお姉さんにたいしての追い撃ちですね(笑)


しかも幼稚園だか保育園児がお母さん誕生日プレゼントに子供達だけで親には内緒で買いに来てる。 

お店からお家も見える、子供でも歩いて行ける距離。だからと言ってお母さんに連絡して足りない分を催促することも出来ない。



奥の厨房からマスター登場。
店員さん事情説明。
マスター即座ににっこり。
迷わず幼い私たちに向かって


「いいよ、おかあさんにおめでとうしてあげて。誕生日用だね。はい。どうぞ」


もう25年ほど前、、もっと経つかな? それでもこの日だけはこれだけ鮮明に覚えています。  ありがとうございました。  お陰さまで、今でもこの時の話は母親と話すほど良き想い出となってます。 



そのピーターパン、古波蔵の中道から姿を消しました。閉店したのか、移転したのかわからなかったですが、、もう二度とあのチーズケーキは食べれないのか…なんて思ってたのですが…‥…なんと!移転して現在も営業してるそうな情報をゲット!!!!!


同じお店かは確信ありませんが、場所は沖縄県西原町。 ケーキとパンの店。店名はピーターパン。 たぶん、おそらく、きっと、あのお店かな。
誰か知ってるかたいたら教えてください。  そして、もし、昔、古波蔵で営業してたあのお店だとしたら……‥…今度帰省した際には立ち寄りたいと思います。




さて、もひとつのワンダおばさんは、

昔、那覇市国際通り前ににあるパレット久茂地の地下にあったケーキ屋さん。  高校時代、いつものメンバーの誕生日には、放課後パレットに寄って地下でワンダおばさんのチーズケーキ買って、屋上か、時計台下の広場に移動し、地べたで構えて、ハッピバースデーソングを歌い、おめでとう!と言って、人目も気にせずその場で皆でケーキを食べる。と言う恒例行事がありました(笑) 若いってすごい(笑)  たまに売り切れてて、その時は……‥…翌日リベンジ(笑)  そんな青春の想い出。


とある時、パレットからなくなったので…あーあのワンダおばさんもなくなったのかーー…なんて思ってたら、JUSCOに移転してるみたいですね♪  



味が好きなのもあるけど、そんなこんなの想い出もあり、特別に大好きなチーズケーキ。偶然にもどちらもシンプルなスフレタイプ♪




近々ケーキ屋さんでチーズケーキ買って食べよう



明日も、きっと、また、たぶん、なにか、書く、はず。