読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生意気ながら…‥…16日目

f:id:kumazu:20170222022259j:plain


初めてのアルバイトは16歳。

弁当屋さんで3年間。

仕込みして調理してレジして

昼夜働きずめで

やっすい時給にも苦にせず

ただ自分で稼ぐ実感だけを

お金を稼ぐ感覚を喜びに

自律した大人になった感覚持ち

余計なことをなーんも考えず

ただただ日々真面目に勤めた3年間

18歳の梅雨の頃

就職し、総合職として勤め始めた会社員時代。

そこから出張、転勤、繰り返し

転職挟みつつも、18歳~23歳まで営業事務として会社員勤め。

その後は25歳から33歳まで飲み屋と弁当屋さんでアルバイト。

職種や立場は多少違えど

共通するは接客業。

特にお客さんと密に接する機会の多い飲食業。

土地変われど、7年間勤めることになったきっかけ。

25歳、初めての居酒屋勤務初日。

お見送りの際、

『ありがとね、御馳走様、あー楽しかったし美味しかった~』

その言葉を聞いた瞬間はまったのです。

なんて単純(笑)

そこから7年弱
 
熊本市宮崎市横浜市鎌倉市掛川市

所変われど飲食店でアルバイトさせていただきました。

お出迎えをし、オーダーをとり、料理や飲み物を運び、お会計をし、お見送り。


日々同じことしても

同じ日はなく、毎度違う。

話好きな人もいれば、しっぽりのんびりしたい人もいて。

のんびりしたい感じでも、時が経てばくだけてく人もいて。

心地好いはそれぞれで

構いすぎもほったらかしも宜しくない、THE!距離感。

そんな基本的な事をベースに

グラス置くときひとつも

なるべく音がならないように

小指を先にテーブルに当てて

ソッとかるーく傾けて置く。

無意識に身に付いたこの癖。

コレに気付かれたのは7年の中で一組だけ。

還暦過ぎ、70歳手前くらいのご夫婦。

突然話しかけられる。

『おねーさん、意識してる?』

思わず…‥…えっ!?何かしたか?とビビりつつ…‥…キョトン顔で首を傾げてしまった私。

すると、こう言葉が続きました。



『いや、ね、言葉遣いや態度とかに意識するのはサービス業は基本だけど、所作にまで意識してる人はなかなかいないもんでさ。 おねーさん、まず最初に飲み物持ってきてもらったとき、グラスの置き方が違ったもんで。 たまたまかな?って思ったけど、毎回同じ置き方するし、姿勢とか色々気になって見て話してたのね。』



ここまで聞いて…‥…まだ…‥…ヤバい…と思ってたわたし。思わず


「すみません…見苦しかったでしょうか…‥…気を付けます!」



と言うと…‥…


『いやいや(笑) 違うよ。誉めてるの。すばらしー!って(笑)  グラス置く動作や目線、色々細かいとこまで気を付けてるのかなーって感心してさ(笑) すごくいい気分で食事できてるよ。ありがとね』



いやーー

びっくり嬉しかったです。

誰かに言われたわけでないけれど

なんとなーく無意識に意識して身に付いた癖のひとつ

誰かに誉められるわけでなく…‥…そもそも、誰かに誉められるつもりでやっていたわけではないこと。

そんな細かいことひとつ

気づいて、しかもそれを直に誉められた瞬間。

やっほーーーい!と言う気持ち瞬間に

直後、あーー

何処で誰がどの瞬間みてるかわかんないなーっと

気持ちあらたに引き締まったものです。





サービスとは曖昧なモノで

こちらが100%のことを提供するのが100点満点ではなく

80%、場合によっちゃ60%なんてのが

相手によって100点満点のサービスに繋がったりすることもあるようで

だからと言って手を抜いても良いと言う話ではなく

出来る範囲で出来ることをしっかりやる

そんな最低限のことを100%することをベースに


自分がしたい理想のサービス

相手が求めてる理想のサービス

そのバランスの中で

いかに良い塩梅で裏切れるか



出来ることを確実に。安定感。

それから安心感からの信頼感。





えらそうに言ってみました。

相変わらず仕事のメモ書き内容は仕事内容2割。

残り8割はお客さんの名前や好き嫌い、オーダーパターンとリスト表みたいな内容ばかり。



書いてても出来てないですが…‥…

記憶力も乏しいままですが…

それでも

色々勉強させてもらえる面白い仕事のひとつと思っております。

今のアルバイトも居酒屋勤務。

色んな出会い、学び、働かせてもらいました。

ひとまず残り1ヶ月半。

一区切りさせてもらい

その先を決めていこうと思ってます。

何処で何をやろうか。




めんどくさいけど愛おしい
いろいろあるけど一緒にいたい



そんな人間関係。

一人が好きな寂しがり

そんな人間の2回目の16日目。

浪速友あれ

健康第一



明日も、きっと、また、たぶん、なにか、書く、はず。